ベビーリトミック教室 「ぷっち」

ベビーリトミック教室「ぷっち」は、

未就園児を対象の少人数の幼児教室です。

音楽活動ばかりではなく、

「自分で身の回りのことをする。」

「自分で伝える力」「最後まで聞く力」「周りを見る力」を育てるようなレッスン内容です。

わらべうたや、現代っ子が苦手になりつつある、「目と体の協調運動」を多く取り入れた活動や遊びを行うことで、心と体をコントロールする力を高め、子供たちの秘めているいろんな可能性を引き出すことができれば。と、思っております。

「ぷっち」の名前の由来は?

イタリア語で小さな子供の天使のことを

「Putti(プッティ)」といいます。

たくさんの可能性を秘めた子供たちが、幸せにすくすく育つことを願い、

そして子供たちも呼びやすいかわいい響きにしました。

今、わらべ歌が見直されています。

「わらべうたって何?」もしかしたら、若いお母さんやお父さんの中にはご存じないかもしれません。
わらべうたとは、昔から伝わる、子供の遊びと歌がセットになっているものです。

メジャーなものとしては、「なべなべそこぬけ」
ただ、2人で手を繋いで、ひっくり返るだけと思われがちですが、背中を意識して回ることを自然にしているので、自分のボディイメージがしっかりとしてきます。
そして、2人で息を合わせて回ることでコミュニケーション力が高まります。

ほかにも、数え歌は「数を自然に覚えていく」とか、

大好きな人に体に触れてもらいながら歌ってもらうなど、

もちろん、赤ちゃんのときからできるものもありますよ。
何より、何もいらず気軽にできることが、いいですね、
リトミックと似たような効果があるものが、平安時代から受け継がれていたものもあるんです。
昔から、子供の成長を願う思いは一緒ですね。

大好きなお母さんやお父さん、お友達やおばあちゃんおじいちゃんと、一緒に歌って遊ぶことで、すくすく育つ。
そして、何より楽しい時間を共有できることができるんです。

ぜひ、わらべうたの良さを体感してみてくださいね。